FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

閃の軌跡クリア

ども。もくもくとプレイしていた閃もようやくクリアしました。これでほかのことに集中できそうです。

まだツイッターに自由にかける時期じゃないのでここに書きます。

今回は、ネタバレ含みが強いので追記を用意してます。そちらからどうぞ。終章ネタメインです。
今回の作品をひとことでいうと、空の軌跡FC以上のモヤモヤエンドでした。

今回は、閃のキャラクターたちやプレイの変化の紹介&碧で語れなかった部分の補完作品に感じられました。

序章で、キャラ紹介。章ごとに帝国の町とキャラの背景を今回の敵である帝国解放戦線と合わせながら進め、途中でHPで紹介されていたギデオンは赤い星座による虐殺によりあっけなく命を絶ち、ほかのメンバーやリーダー格である黒仮面の男は、6章で逃げるところを撃墜され、あっけなく終わりを迎える・・・・はずだったのですが!

終章ラストの列車砲消滅事件後の宰相による演説で、暗殺が行われたことにより、どんどんと黒幕がおいでなさったんですよ。

今回のメインボス黒仮面の正体は、士官学園2年生クロウ・アームブラストだったんです。安定のファルコム、またしても味方的なキャラを黒幕にwしかも今回はプレイアブルキャラというw

そして、田村ゆかりが演じるキャラで注目されていたミスティ。発売前では、歌姫ヴィータ・クロチルダである。というところまでは、予想されている方はちらほらいましたが、今回の結社の使徒第二柱<蒼の深淵>さんでもあるという二段構え。

今回は、初のやられたままエンドなんですよね。

先ほどの暗殺時に、解散したフィーの元いた場所<西風の旅団>の残党と帝国解放戦線が乗り込む式の人形兵器を使い帝都を襲撃。そのまま士官学園を襲いにくるところがクライマックスです。

町の東側では教官陣が食い止めていたんですが、西側にも侵攻してきたのでそこでⅦ組と戦闘

2機中1機は壊したのですが、もう1機は特別型だったためあっさりと敗北。そのままやられるところまできたところで、旧校舎で発見した巨大な鎧騎士とリィンが共鳴し、名前を呼ぶと飛んできました。ここら辺はどこかのロボアニメ顔負けwwwこれほんとに軌跡か?

騎士に乗り込んだリィンは相手を圧倒しますが、ラストにクロウがやってきました。彼もリィンと同じ騎士を乗りこなすものとして立ちはだかり戦います。そこで勝利をおさめたかと思いきや、3年も騎士を乗りこなしていたクロウが奥の手を使いリィンを圧倒されてしまい、もう打つ手がない状況でした。

その時、ほかのⅦ組メンバーが自分たちが食い止めている間に逃げろ!と言うわけですね。リィンは拒否しますが、一緒に乗り込んでいたまだ正体が明かされていないしゃべる猫セリーヌが撤退命令をだし、リィンがそのまま帝国内のどこかに逃げる。というところでエンディング。

ED曲コテさんの新曲「I miss you」なかなかの曲で良かったです。ノリに乗れそうなハイテンポでしたね。

まあざっくりなラストはこんな感じです。

途中から確実に次回作前提であるんだろうなとは、ファルコムファンなら当然思っているとおもいますが、まさかこんな終わり方をするとは。。。

そして、また来年か再来年は最低待たないといけないと。

今回正直話としては、まったく進んでいませんwただ、次回が騎士戦がメインなんだろうとはわかります。

おそらく、碧でのエンドで言われた2年間の話につなげるのかなと。最終的には宰相の思い通りに事が運び、クロスベルも帝国支配下になるとこまではできるのかな?

Ⅶ組メンバーはどうなったのか、リィンはどうなるのか、士官学院はどうなってしまうのか。その辺がSCとしての初めの期待要素ですかね。

不思議に思ったのが、冒頭の列車砲を止めるシーン。

あれは必要だったのか?通商会議ということは、キーアの改変がとっくに行われていたはず。なのに、クロウとミリアムがいない。それがどういう意味なのかがいまいちわかりませんでした。

結構だらだらと書きましたが、ストーリー自体の進行がまるでなく、エンドが次回期待!エンドだったためなんかモヤモヤが出まくりです。しかも、伏線張り放題でおわったしwほんとどうすんだよwww

音楽やキャラはかなり好きです。システムもなれれば楽ですが、結構大変でした。

賛否両論が激しいらしいですが、気持ちがわかりますね。次回作の発表をぜひとも。

来年が軌跡10周年なのでなにか新たなものをブチ込むのか、定番をもってくるのかそこに注目していきたいと思います。ではでは~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっとこさクリアしたので拝読しに参りました!
いや~衝撃のラスト、最後は「リィン、行きます!」というのは分かっていたのですが、「やめろおおおお!(ここで終わらないでくれえええ的な。笑)」と自分も叫びながらEDでした(笑)
いやはや今回は今回だけでは本当に何も言えないですね。
零と碧の補完になっている今作で、幻焔の焔の舞台を拝めたのは嬉しいですが、仰るとおり、話は何一つ進んでいないのですよね。

碧でも結社や騎士団のほとんどが帝国入りしていて、雌雄決するときも近いと出ていたので、ああ、次作でソレやるのかな?とは思いました。
なので《深淵》の顔見せも合ったのか~!と。

というか我々がパテマテで驚いていた時よりも前にクロウはあれに乗っていたと思うと時代の流れ凄いな!とも。
次作で上記にも書きましたが結社vs騎士団のドンパチしながら貴族派が優位になってでも革新派も巻き返して~という恐ろしい状況の中、第三の勢力がどうなるのかは気になりますね。

汐見さんも書かれておりますが、ロボ的なものになってきましたが、最終的にゼムリア大陸の人々は有人型の兵器を取り、それで国防も賄っていくのか、はたまたそれらを捨てて人の手で明日をつかみに行くのか。どうなるのだろうと思っております。

あと同じく疑問だったのは、冒頭の部分と実際のその時のシーンの違いに意味はあるのかですね。
改変は終わってますし、あれって本当にどういう意味なのでしょうね?やめろおおおで始まってやめろおおで終わるよという壮大な伏線だったのか!?というのは無いと思いますが。
いやはや次回作本当にいつなんでしょうねぇ。何か一つでも解決するものだと思っていたので、次作が気になってしょうがないです。

Re: No title

クリアおめでとうございます!まさにガン○ムなリィンですよねw閃があまりにもでかすぎる序章なんで、帝国というかゼムリア大陸の広さを感じれますね~幻焔の焔!そういわれると、そうでした!リィンが焔使ってますね。ドラマCDでユン老師からリィンの型が第七の型<無>である(間違いの可能性有)といってたはずなんで、そこから何か派生があればな~としか感じてませんでしたw

パテマテで驚くのもありますが、そうですね~僕らの感覚でいうと10年前ですが中では数年の話なんですよね~流れが速いというかなんというかw

今後は、ある意味、空組、零碧組も絡ませられるとんでもない巨大作品になると思われますので、もう想像が追いつきませんwww

冒頭改変についてはほんとに疑問でした。もしかしたらヴィータが見せた幻惑?と感じましたがよくわかりません。ほんとに次回作が楽しみで仕方ありませんな!!







プロフィール

汐見 光

Author:汐見 光
アニメ大好き!ラノベ大好き!
でも一番はファルコムゲームだね!

拍手、コメント大歓迎!!
少しでも暇つぶしになれば幸いです。

最近ツイッターしてます@skyk403です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
▼ファルコム最新作「閃の軌跡」を応援しています!!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR